”常識”が僕たちにもたらす害悪について

僕は、常識を破りたいんだ

そうすれば、世界はもっと面白くなる。

 

どうも、意識高い系ニートブロガーのオオノカズマです(@kazuma_oono

意識は高いんですけどね、おうちが好きなんですよね。。。。

いきなり中二っぽい発言をしてしまいましたw

 

かくいう僕は、どうやら非常識的らしいのですが、

 

常識って何なんだ、と思い書いて見ました。

 

 

「常識」って言葉でまとめられているだけ

 

「それは流石にダメだろ。。。」

「常識的に考えて。」

「普通はこうででしょ。」

 

みたいなことを、僕もよく言われるんですが、

そんなことを言われて、

知らねえよ。としか思えません。

 

 

常識だからやってはいけないという方程式が僕の中ではどう頑張っても出来上がらないのです。

というか、常識に意思決定を縛られている時点でちょっとナンセンスだし、つまんないです。

 

だって、それは意思決定を常識という言葉で放棄しているだけだから。

 

自分で考えることをやめただけなんですよ。

 

だから、独自性も生まれにくいし面白くない。

 

 

例えば、

スーツで会社に行くとか。

学校は毎日行くものだ!とか。

冬はサンダル履かないでしょ。とか

 

でも、

自分の好きな服装で働きたいし、

学校に行きたくない日だってあるんですよ。

 

毎日学校へ行くよりも、他の世界にもたまには足を運んでみると、思わぬ出会いがあって、人生を動かしたりして。

そっちの方がよっぽど価値があると思うし、みんなの幸福にもつながります。

 

 

個性を削る教育

みんな丸くなりましたね。

 

みんなが個性を削ってしまうのには、理由があると思っていて、

 

個性があると、教育機関でも会社でも扱いづらいから、個性は認めず扱いやすい人材を作ろう。

 

そんな教育が現状行われていると思います。

 

実際に僕も学校へ通っていて、どんどん個性を失っていくのを感じました。

周りからの目線を気にしすぎるようになっていき、何もできなくなっていきました。

 

一人でご飯を食べられない

お洒落をしないといけない

嫌われている人と話していてはいけない

 

みたいな、周りからどう見られるかの優先順位が上がりすぎて、もはや自分のやりたいことは何もできなくなります。

 

このまま人生を送ったらヤバイと思って、僕は個性を取り戻すリハビリをしています。

 

大学やめて見たり、自分が面白いと思うTシャツを着てみたり。

 

「お主も悪よのう」

 

 

小学校の時は、みんなそれぞれに個性があって面白かったんです。

でも、みんな歳を重ねるにつれてどんどん個性を隠し始める。

 

個性が認められない環境で育つからです。

 

そして、個性を隠し始めたら、そもそも何が自分の個性かもわからなくなっていってしまいます。

 

就活で苦労するのは、自分の個性を理解していないからです。

そもそも自分がやりたいことってなんだっけ?という状態になっているし、

自分はどんな個性があって、何をPRすればいいのだろうと考え始めます。

そこから考え始めても、いざ就職してしまったら、大抵の会社では個性がまた認められないので

また学生生活のように、個性を無意識的に隠し始めるようになってしまいます。

そして、数年が経った時に気付きます。

あれ、自分は何のために生きているんだろうって。

やりたいことがなく、何のために生きてるかわからないって、そりゃ人生辛いですよ。

 

そんな人をたくさん見てきました。

 

そんな社会嫌なので、少しでも多くの人に常識から脱却してほしい。

自分の意思で、自分の人生を生きて欲しいんです。

 

そういう人が多い方が、オモシロいからです。

 

そのためには、自分はこうありたい!という強い意志が必要になります。

 

こんな人になりたい。

こんな人生を送りたい。

 

そんなことは決して、思いつきで出てくることではなく、日頃から見つめ直す必要があります。

 

そこが明確になって初めて、日々の意思決定も常識にとらわれずにできるようになります。

 

僕も、自分の人生をどう生きたいかを考えたおかげで、常識にとらわれない決断ができるようになり、

無駄なストレスや出費を減らすことができました。

そんなことを思ったら、常識っていらなくないですか?

 

やりたいことがない。という相談をよく受けますが、やりたいことを見つける方法については随時このブログにあげていきます。

 

少々お待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー&フリーター&来年は起業家| webと旅とアウトドアが好き。 月間100万PVメディアでライターしてます。個人ブログ『ゆとり男子』 Webメディア『まだ憐れんでないの?』編集長 | 生物多様性への価値観をアップデートします。 |浜松生まれ|新宿在住 |