大学生で挑戦しなくて、いつするの?

どうも!意識高い系ニートブロガーの大野和真です。

夜はかなり起きていられるんですが、早起きだけはきついです。。

 

ところで、(唐突)

今年の3月で、僕は大学を辞め、海の藻屑となった訳ですが、色々と聞かれることがあります。

 

学校辞めて不安じゃないの?

就職しないの?

 

ということを最近多く聞かれるので、ここで自分の考えを書きたいと思います。

 

みんな安牌(リスクのない選択肢)取りすぎ説

 

失敗したくない

恥かきたくない

 

いや、わかるんですけどね。

 

何もしたくないって人は多いのですが、人生どっかでやらなくちゃいけないことだったら、いまやった方が価値が大きいですよ。って提案です。

 

やりたいことがないっていう人、僕の周りでも最近多いんですが、だからってバイトとサークルしかしていなかったら、間違いなく見つかりません。

 

とにかく行動することが大事です。

 

大学生は一番リスクがない期間

 

 

大学生の期間というのは、人生においても一番と言っても良いほど、リスクがない期間だと思っています。

だから、大学生はもっとチャレンジした方がいいです。

そして、大学生はチャレンジすることが社会的に推奨される唯一の期間であるとも思っています。

個人的には、挑戦は何歳でも素晴らしいし、もっと認められていいと思っています。

 

大学生でどれだけ成長できるかが、その後の人生に大きな影響を与えると言っても過言ではないです。

現に大学生というのは、社会に出るまでの準備期間です。

そこでちゃんと準備できると、社会に出た時にスタートダッシュが切れます。

 

周りの大人を見た体感値です。

 

 

自分なりに考えると、

そこには4つ理由があります。

 

      • 4つの理由
      • 若者のチャレンジは応援される
      • 体力・時間が確保できる
      • 失敗しても許される
      • リスクを背負った経験は資産になる

 

 

 

若者のチャレンジは応援される。

誰でも最初は初心者なので、はじめはできなくて当たり前ですが、

例えば、起業するとします。

学生が起業の仕方を知らなくて困っているのと、

おっさんが起業の仕方が分からなくて困っているのでは、

どちらに手を差し伸べたいと思いますか?

 

という話です。

 

未熟なのは構いませんが、スタートが遅ければ遅いほど惨めになっていきます。

逆に、若いうちにその視点を持てる人は少ないので、希少価値が高くなるし、

教えた後に社会に与える影響も大きいので、若い方をお応援したくなります。

 

また、若いうちであれば周りにも、同世代の頑張る人たちがいて、切磋琢磨して成長することができます。

仲間や環境の存在はぶっちゃけメチャクチャ大きいです!

 

体力・時間がある

 

学生には圧倒的に時間と体力があります。

 

大学というのは

僕は社会人になる前の猶予期間だと思っています。

意外と忙しいというのはわかりますが、人生的に見たときに今後はもっと忙しくなります。

 

社会人になって、恋愛を初めて、家庭を持つようになって

時間が目まぐるしく回り始めます。

 

つまり、今より暇になることは、きっと定年するまでこないでしょう。

ということです。

 

大学を卒業した後の、時間感をある程度想定しておいた方がいいです。

気づけばおじさんになっています。

社会人になったことないですが、このくらいはすぐ分かります。

 

また、

 

若いうちは体力や時間があるけどお金がない

歳をとるとお金はあるけど、体力とやる気がない

 

みたいな有名な言葉がありますが、それは幻想です。

 

若い人でも、チャレンジに積極的に手を上げれば、お金が集まる社会になってきています。

 

クラウドファンディングでも、

投資家でも

ベンチャーキャピタルでも。

 

手軽に始めるなら、

Polca

マックブックおじさんとか

 

まずは少額で気軽に初めてみてはどうでしょうか。

 

オススメです

 

 

 

手段はあるので、戦略次第ということですね。

 

これで、「お金がないからできない」という言い訳ができなくなりました。

いい時代ですね!

 

 

※余談

 

 

 

家入さんにいいねもらった〜(*´∀`*)

 

 

失敗しても許される。

 

若い人が、ちゃんと準備をして、リスクをとった挑戦であれば、

失敗しても、賞賛されます。つまり、英勇にすらなれるのです。

また、失敗してもやり直す気力を持てますし、その後の人生がまだまだ長いので、

再起するチャンスはまたいくらでも回ってきます。

 

 

リスク背負った経験は資産になる

 

挑戦したこと、そして失敗したことがそのまま自分の資産になります。

失敗話は、他人に話しても笑いが取れるし、信頼になったりもします。

 

だから失敗を恐れる必要はないんです。

また、チャレンジした経験は飲み会でも盛り上がります。

 

かくいう僕も、

 

よくわからない経営者に30万払ったけど対して教えてもらえなかったことや、

社長しかいないパーティーに身分を偽って参加した話は、

意外と話してみると驚かれたり、色々聞かれたりして、話が進みます。

 

まとめ

 

以上が大学生が挑戦すべき4つの理由です。

少しは、チャレンジしてみよう。という気になったでしょうか?

そんな難しく考えなくても、自分のなかで今までやったことないことに挑戦して見てください。

少しでもそう思えたらこのブログを書いた価値がありました。

 

もし、まだそこまで思えていないなら、是非こちらの本を読むことをオススメします。

あなたの扉を1枚破ってくれることでしょう。

 

多動力 ー堀江貴文ー

 

これからの時代をどうやって生きていけばいいのか。

人生を楽しく生きていく方法が載っている書籍だと感じました。「多動力マインド」を持っているだけで、人生を何倍も充実したものに変えていけると思っています。

これからの生き方や、働き方に悩んでいる人にはオススメです。

 

オススメは漫画版

自由帳 くだらない常識を破壊するノート

 

プライドが高かったり、心配性だったり、なかなか挑戦できない。

という人には是非オススメしたい一冊。

 

高橋 歩さんが書いている本で、力強い言葉に励まされます。

とりあえず、何かに挑戦してみようと思える本です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー&フリーター&来年は起業家| webと旅とアウトドアが好き。 月間100万PVメディアでライターしてます。個人ブログ『ゆとり男子』 Webメディア『まだ憐れんでないの?』編集長 | 生物多様性への価値観をアップデートします。 |浜松生まれ|新宿在住 |