ベーシックインカム早く導入してほしい5つの理由

ベーシックインカムの導入が日本でも検討されていますが、自分がどうしたいという希望は持っていますか?

毎月10万円程度が勝手に入ってくる訳ですから、羨ましいと思う人も多いのではないでしょうか。

 

 

ちなみに僕は、、、欲しいです(ゲス顏)

という感情面はありますが、それ以外でも導入したほうが色々と社会が良くなると思うので、

その理由をあげて見たいと思います。

 

メリット1.無理に働かなくてよくなる

正直、これが一番大きいですね。

生活の最低水準が上がる訳です。だから、最悪失敗しても、生活が出来なくなる訳ではない、ということで何かにチャレンジする人は増えるのかと思います。今の時代、リスクを背負うことのハードルが異様に高いですからね。特に既婚者であったり、子供がいたりすると。

BIによってそのハードルが低くなるので、一歩踏み出せる人が増えます。チャレンジする人が増えれば、競争につながり、より良いものが生まれやすくなります。これからの時代は、知恵やアイディアの知的労働がもっと増えていくでしょうね。

 

メリット2  ブラック企業がなくなる

 

自分の会社がブラックとわかっていても、会社をやめられない人って意外と多いですよ。

いわゆる、真面目ちゃんに多いです。周りの期待に背くことが怖くて一歩踏み出せません。

それに辞めてしまったら給料がなくなってしまいますから。そんな状態が続けば、体を壊したりうつ病になったりします。そんな状況が良いとは思えないですよね。

でも、仕事をやめても、生活できることが保証されていたらどうでしょう。社会全体で無職でもいい「準備期間」みたいな風潮が根付けき易くなるんじゃないでしょうか?

正直ブラック企業の問題の本質は同調圧力やプレッシャーな気がします。

そして、職を持たない人も増えますから、無職であることへの抵抗も減ります。そうなると、ブラックな環境でなんて誰も働きたくないですから、必然的にその仕事はなくなっていきます。

ブラック企業がなくなるメリットはでかいです。仕事が苦痛でうつ病になったり、精神が病んで自殺してしまう人がたくさんいるのが現状です。そういった悲劇を防ぐことが出来ます。その他にも仕事が関連している弊害はたくさんあります。親の介護をしている人の負担であったり、子育てへの男性の参加の問題もあります。ブラック企業ではなくとも、人生を占める「強制される」仕事の割合を減らすことが出来れば、その分家庭に時間を使えるようになり、より良い家庭を築けるようになるのではないでしょうか。また、学生で非行に走る子供は、親と接した時間が少ないことが原因としてあげられています。そしたら、子育てにもっと取り組みやすい社会になるのではないでしょうか。

ブラック企業に関する記事はこちらに書いてます。

いい加減ブラック企業辞めない?

 

メリット3  仕事の価値が正当に評価されるようになる

例えば、日本の飲食店やサービスの質が高いのに、安くて有名です。これは正当な評価が行われているのでしょうか?現場を見てみればわかりますが、かなり過酷な状況が強いられています。価格競争が激化しすぎた結果サービスと価格のミスマッチが起こったと言えます。こんなに過酷な環境で渋々働いてしまうのは、他に働く場所がなかった場合の恐怖がある場合が大きいです。

飲食店の価格は上がってしまいますが、それが本来行われるべき評価であり、社会全体としてその方が良い方向に動きます。逆もまた然りですが、いらない仕事は当然削られていくことになります。財源を算出するために、今まで雇用を担保するために残していた仕事がいらなくなるので、そこから財源を捻出するために削られていきます。

その人たちは必要性の薄い仕事から解放されて良いことだと思います。

 

具体的にいうと、

トイレ掃除の仕事って、時給1000円でやりたくないじゃないですか?

でも、時給10万円とかだったら、やりたいと思いませんか?

そういうことです。

 

 

メリット4  少子化対策になる

今考えられているのは一人当たり約10万円程度/月だと思いますが、家族が増えればその分だけもらえる金額が増えます。だから、子供を産んでも経済的負担があまり増えません。そうすれば、少なくとも今よりは子供を産みやすく育てやすくなるのではないかと思います。そして、自然と少子化対策につながる訳です。

 

メリット5  ホームレスが減る

ホームレスがどういう意図でホームレスという選択をしているかは分かりませんが、毎月お金がもらえるようになれば、ホームレスという生き方を選択する人は減るでしょう。また、ホームレスを対象とした事件も起こっているので、治安を良くする効果もあるのではないでしょうか。

 

 

 

これはなんでもそうですが、メリットだけじゃないのが現実世界ですね。

常に何かとトレードオフです。当然デメリットもあります。

 

デメリット1 働かなくなる人が増える

まあこれを心配してしまうのは当然ですよね。なぜならほとんどの人は「働かなくてはいけない」と思っているからです。でも、それって本当にデメリットでしょうか。

僕は働かなくても良いと思っています。働かなくなる懸念として、経済が回らなくなることを心配しているかもしれません。しかし、余計な仕事がなくなり、そこにかけていたお金を他で回していけばより良い未来につながると思いませんか?だってこれからはロボットやAIが普及します。仕事はそっちに任せておけば良いんです。今もすでに、webITなどが発達して労働時間を大幅に減らすことが可能になってきています。たくさん働いて忙しさを振りかざすのは時代にマッチしなくなってきています。本当に優秀な人は暇なんですね。本当に大事なのは「お金より時間」と知っているからです。だから、働かなくなる人が増えるというのは、こういう反論が出るだろうな、ということで書いていますがほとんどデメリットではないと感じています。

 

デメリット2  年金制度がなくなる 

 

これは実現に向けて正直一番壁の大きな問題かもしれません。ベーシックインカムを導入したら、そもそも年金という制度がなくなります。年金受給者もベーシックインカムという一つのくくりになるので、場合によっては受給額が大きく減ります。その人達が納得できるかどうかという問題になりますが、最低限死なないという水準だけでは満足してくれないでしょうね。。何か、もう少し年金受給者のお年寄りが価値を感じてくれる他の施策も必要となってくれでしょうね。

 

デメリット3  失敗のリスクが大きい

国家制度の変更は国民を巻き込むので、とてもリスクが大きいのですがリスクを語っていては実現がまず不可能に近いです。そうはいってもベーシックインカム導入時は年金制度、生活保護制度、消費税率など様々な要件も変更していき、かなり大規模なものになります。国民の暮らしの在り方を変える国家プロジェクトなので、大規模になるのは当然なんですけどね。財政難でやっぱ無理でした~ なんて簡単に済ませられる問題じゃないです。

制度変革の時は、なんだかんだいつも見積額を大きく上回る結果になっている印象があるので、しっかりと検証が必要です。

僕が考える項目は以上です。

まだまだ考える余地はあるものの、非常に未来的で早く導入して欲しい制度です。

制度に関しては、国民の意見が一番大事になるので、一人一人が考え、自分の考えを持つことが大事だと思います。

皆さんは、このベーシックインカムに対して、どんな考えを持っていますか?

 

まとめ

このような政治的施策には、一人一人が意見を持つことが大事。

未来的な出来事にはワクワクする。

デメリットよりメリットの方が断然大きい。

ベーシックインカム早く欲しい

 

以上です!

ご意見、感想等ありましたら遠慮なくぶつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー&フリーター&来年は起業家| webと旅とアウトドアが好き。 月間100万PVメディアでライターしてます。個人ブログ『ゆとり男子』 Webメディア『まだ憐れんでないの?』編集長 | 生物多様性への価値観をアップデートします。 |浜松生まれ|新宿在住 |