僕は動物と”共に”生きたいんだ

 

まず始めに。

僕は動物がかわいそうだから救いたい、というよりは、自然と共生できる持続可能な社会を作りたい。ということを念頭において欲しい。

 

 

僕が最近力を入れている活動として、動物と人間の共存を目指すためのプロジェクトがあります。

まだ憐れんでないの?

というwebメディアを運営しています。
僕個人の目標としては、「日本国内でペットの殺処分をなくす」です。

 

 

ない知識振り絞って、大多数の潜在層にアプローチするにはどうしたら良いかを考えたら、エンタメにたどり着きました。

社会問題に関心のある層は、意識高い系が多くそこにメッセージが届いてもあまり意味がないと私たちは考えています。それよりも、なんとなく知っている程度の人たちにもっと問題を認知してもらいたい、ということでエンタメを入り口に用意しています。

 

殺処分をなくすためのサービスを準備中です。
実績も経験もない僕では、いきなりサービスは作れなかったので、比較的参入ハードルの低いwebメディアからスタートしています。

 

 

なぜ、動物を救いたいのか。

ということを最近よく聞かれるので、ここに書いておきたいと思います。

 

人間中心主義に納得できないから。

 

人間はそんなに偉いのだろうか。

そんな疑問がずっと拭えなかった。

 

社会が自然に対して、どれだけひどい扱いをしても、彼らは声をあげない。

声をあげなければ何をしてもいいのか?

 

その代表例が殺処分だと思っている。

殺処分という言葉があるけれど、なぜみんなこの言葉を飲み込めるの?

 

殺して、処分するんですよ。。

あれ、犯罪じゃない?

 

国がやればいいんですか。

 

みんな、犬や猫がどれだけ殺されようと自分は関係ないと思っている。

もう少し気にしてもいんじゃないの?

 

 

殺処分されるのは常識だから?
人間が偉いから?

 

みんな、利己的すぎない?

 

 

確かに、自分も大事だし、家族も友達も大事。

でも、もう少しだけ、小さな命の声に耳を傾けて欲しいんだ。

 

 

みんなも殺処分の当事者であるということを忘れないで欲しい。

君も命を奪うボタンを押してるのだ。

僕たちが払った税金もその処分費用に当てられている。

僕たちも殺すことに加担しているのだ。

 

命を大切にしなさいって教わったんだけど、忘れてしまったのかな?

 

忘れられた「いただきます」

 

ご飯を食べるときに「いただきます」っていう言葉があって、使ってる人もそれなりにいると思うんだけど、

 

これは命をいただきますって意味。

本来の意味を再認識して欲しい

 

僕たちが命を維持するためには、たくさんの犠牲が必要。

 

たくさんの命を踏み越えて僕たちは進んでいかないといけない。

 

だからこそ、僕たちには一生懸命「生きる」責任があると思う。

 

食卓の向こう側が見えないことが、大きな問題

ご飯であって、命ではないのだ。

 

そして、僕たちが生きるためには犠牲を防ぐことはできない。

 

そんな僕たちにできること。それは、頂いた命に感謝して、精一杯生きることだと思う

安っぽい言葉かもしれないが、本当にこれだけだと思う。

 

殺処分はこれに当てはまらない。

殺す命に感謝すればいいの?何に感謝するの?

そもそも殺していい訳なくない?って。

 

ただ殺すなら、食べたほうがまだ健全だと思う。

 

感謝が生まれるし、次の命の血となり肉となる。

 

そのほうがまだ成仏されると思うんだ。

 

これは極論だけど。

 

 

そんな現状を見過ごして生きたくないので、僕は殺処分をなくすために動く。

 

なんで動物の問題に取り組んでるんですか?ってよく聞かれるけど、

こればっかりは早いほうがいいから。犠牲が少なくて済む。

 

シンプル。まぁ、まだうまく言語化できていないって部分はあるんだけど。

 

それと、限界が近い気がする。自然も地球も、こればっかりは主観なんだけど。

 

だから自分のミッションにしてる。

やりたいこと、というよりはやらなきゃいけないこと。

 

もし余裕があるなら、もっとまともな世界だったら、もっと他のことしてるだろうなぁ。

他にも取り組みたい課題なんて山ほどある。

 

国内で殺処分がなくなったら、ペット問題に関しては仲間に任せたいな。

今の段階では、なんとも言いかねるけど。

 

結局、人は自分の利益のために動く。

 

だから、

その性質をうまく利用する。

人が自分に利があると感じるように動く中で、動物が救われていくシステムを作る。

 

 

そして、とりあえず、

殺処分なくします。

 

そのための方法と道筋は徐々に明らかにしていきます。

 

戦略を立てるのは強みです。

 

 

オオノ カズマ

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ブロガー&フリーター&来年は起業家| webと旅とアウトドアが好き。 月間100万PVメディアでライターしてます。個人ブログ『ゆとり男子』 Webメディア『まだ憐れんでないの?』編集長 | 生物多様性への価値観をアップデートします。 |浜松生まれ|新宿在住 |