自分の人生に迷うのは「ロールモデル」を決めてないからだ

僕は、こうしてブログを始めたわけですが

 

色々な人に影響されて初めています。

 

その中でも、特に僕を駆り立てた人たちを紹介します!

 

 

言わずと知れた大御所イケハヤさん

出典:カルロス天才.com

まだ東京で消耗してるの?というだいぶ煽り気味なブログを運営しているイケハヤさんですが、

現在が高知県に移住して、東京を高みの見物しています。

 

そのブログでは、なんと年商1億円ほどを稼いでいるそうで、

ブログって、そんなに稼げるのか!と僕は目が回りました。

 

プロブロガーの先駆け、第一人者って感じですかね。

なかなかすごいので、ブログ、twitterは是非のぞいてみると面白いです。

サラリーマンは気を悪くするかもw

 

煽りスタイルですが、言ってることは本質的です。

フォロワーはなんと18万人!

 

運営ブログはこちら

まだ東京で消耗してるの?

 

 

ひざうらが好きなブンタさん

出典:いつまでもアフタースクール

 

高校を退学した経験や、社長になった経験など、レールを外れた話が盛りだくさんです。

 

女性の膝の裏が好きで、株式会社ひざうらの社長をしています。

 

ひざうらwww

言われるまでその魅力に気づかなかった僕はなんて疎いんだ。。

 

ブログでは、飽くなき探求心というカテゴリーが好きです。

 

運営ブログはこちら

いつまでもアフタースクール

オススメ記事

>>>18歳で起業したぼくが二度と起こさないと誓った一つの失敗

 

 

下ネタが好きなあんちゃさん

引用:まじまじぱーてぃー

下ネタが好きwwwww

この紹介でいいのか、ちょっと不安ですw

 

正直一番あんちゃさんに影響されました。

投稿記事に対して一番共感しまくりです。

下ネタ系記事は普通に面白いんですが、その中で垣間見えるあんちゃさんの性に対する哲学的なところも面白いです。

その他にも、コンプレックスの話や、挫折の話など、人間味溢れる記事であふれています。

実名顔出しで、ここまで自分を貫ける人はなかなかいない、と思います。

 

仮想通貨とか、ウェブ系とかの専門知識は薄い印象だけど、ここまでブログ大きくできるんだって思い、勇気をもらいました。

下ネタは圧倒的ですが。

 

 

運営ブログはこちら

オススメ記事はこちら!

>>>【18禁】”バイブバー”とかいう異世界空間に女2人で潜入した話【渋谷】

>>>ど素人のための「稼ぐブログ」の始め方!ブログで飯食ってる私が徹底解説

 

なんとプロの無職、るってぃさん

 

出典:プロ無職 多様な働き方と理想のライフスタイルを提供するメディア

 

なんとこの方、プロの無職なんですね。

おいおい、そんなのアリかよと思ってしまいました。

 

フリーランスとして、新しい生き方や旅の仕方を発信することによって、スポンサー契約によって生活しているのだそうです。

ひえええ、時代は変わったな(遠い目)

 

そんなことが可能だと知っていました???

スポンサー契約なんて、スポーツ選手くらいにしか当てはまらないと思っていましたからね!

 

 

働きながら世界一周、伊佐知美さん

 

出典:株式会社Wasei|メンバー紹介

 

伊佐さんは、会社で働きながら世界一周を達成しています。

まず、そんな生き方ができるのぉぉぉぉってなりました。

ええ、そんな会社あるの?ってめっちゃ調べました笑

 

初めの出会いは美しい写真。

 

この投稿じゃないけど、モロッコのシャウエンの写真でした。

その頃、自分のカメラを買ったばかりで、こんな美しい写真はどうやったら取れるんだと思い、速攻でカメラの機材を聞いたのを覚えています。

気さくにも答えてくれて、うわ、このカメラ買おって思いました。(結局買えてない)

 

伊佐さんのゆるい感じ、すごい好きなんですよね笑

なんか、勝手に親近感湧いてしまう。

https://twitter.com/tomomi_isa/status/1032868595989012480

こういうとことか。なんか想像できちゃう。

 

 

それでいて、文章ではグッと引き込まれるんです。

 

美しい写真と共に、なんか、情景が思い浮かんで、匂いとか、気持ちとか。

そんなエモい文。エモいという言葉で表現してしまうのが本当に申し訳ない。(ボキャ貧)

 

 

自分のブログサイトを持っていないということもなかなか魅力的でした。

そんな形があるんだって。

 

運営ブログはこちら

世界一周ブログ

伊佐さんの所属会社

株式会社Wasei

 

こんな雰囲気もすごい好き。

自分の周りにも取り入れよw

 

 

まとめ

世界は知れば知るほど自由だった。

自分で好きな環境を生きればいい

発信力は好きな生き方をする一つのツール

都会に住む人を煽ってもいい

 

自由を熱望する僕ですが、自由の敵は制約ではなく、

自分自身のプライドや、熱い想い、そして自分の望む環境に行けるかということだと思いました。

こうも自由に生きていいのか、という今までにない肩から荷が降りるような感覚でした。

 

僕の周辺でも、人生に悩んでいる人って結構多いんだけど、そもそも選択肢って自分が知ってる中からしか生まれないから、知っている情報を増やせば、違う選択肢も自ずと見えてくるってこと。

自分の選択肢に納得いくものがないときは、そもそも自分の持っている情報が少ない可能性を考えた方がいい。

 

誰も仲間がいない道を進むのは不安でも、ロールモデルが一人いるだけでも精神的安定が全然違うと思う。やり方も真似できる。

 

 

 

今回は、そんな記事。

 

 

 

人生は、自由だ。

 

 

1 個のコメント

  • やりたいことが見つからない人のための教科書 | ゆとり男子 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ブロガー&フリーター&来年は起業家| webと旅とアウトドアが好き。 月間100万PVメディアでライターしてます。個人ブログ『ゆとり男子』 Webメディア『まだ憐れんでないの?』編集長 | 生物多様性への価値観をアップデートします。 |浜松生まれ|新宿在住 |